<< 脱メタボ Monster >>

恋する天然レストラン13

多くのご要望があったので「夏。シリーズ」を1回限定で延長します。
多くの、ってのはウソです、すんません。



夏。
といえばやっぱり映画なわけで。

最近は競争を避けてか、超大作がGWに公開されたりしてお盆興行の盛り上がりがイマイチだったりする。
残念。

それでもボクにとっては夏=映画。
並み居るハリウッド作品を押しのけて『千と千尋の神隠し』が大化けしたのも、夏。
予想外の大入りで、映画館スタッフに尋常ではない量の汗をかかせた『踊る大捜査線2』も、夏。

ボクは夏の映画館が好きだ。



『レミーのおいしいレストラン』

「ネズミが調理する」という違和感をどれだけ払拭できるか。
それがこの作品の肝なのかもしれない。

やはり前半は若干の戸惑いがあった。「いや、手だけ洗われても・・・」みたいな。
でも後半になるにつれ、別に気にならなくなるわけで。
『千と千尋~』の女の子もラストは若干かわいいわけで。

ピクサーマジック健在。

観賞後に友人と「今までで最もおいしかった食事」についてトーク。
ボクの場合はガキの頃、牧場勤めの親戚のおっちゃんが焼いてくれた極厚ステーキ。
お外ではイイ子ちゃんでいるようにしていたボクも「弟とはんぶんこにしなさい」という母についに反抗、そして完食。
自我の目覚め。

ちなみに友人は「友達が学校に持ってきた柴漬け」だそうだ。

案外、「最高の食事」ってのはお金を払わず食べているのかもしれない。


『恋するマドリ』

新垣結衣が主演だからって「ガッキーがかわいいだけの映画」にはしたくない。
francfrancの15周年を祝う作品だからって「おしゃれなだけの映画」にもしたくない。
笑える要素も入れちゃったりなんかしよっかなぁ。

と、監督さんが思ったかどうかはわからないけど。

ぶっちゃけ全てが中途半端だったような。
どうせなら「ガッキーがかわいいだけの映画」にしていただきたかった。


『オーシャンズ13』

『12』の撮影時、J・クルーニーが他のキャストにこう呼びかけたそうだ。
「身籠もっているジュリア(・ロバーツ)のためにみんなで禁煙しようぜ!」。
ブラピも渋々、了解したそうな。

さて、『13』である。本編中に喫煙シーンはなかったはずだ。
今回も誰かがオメデタだったのか。たぶん違う。

この作品に影響があったかどうかは定かではないけど、現在ハリウッドでは「喫煙シーン廃絶運動」が進んでいるそうだ。タバコを吸うシーンを入れると、最悪の場合、R指定を受ける可能性もあるらしい。儲からないわけだ。

でも考えてみてほしい。
プロの強盗集団(しかも男だらけ)がそろいもそろって嫌煙家って、違和感がないだろうか。ボクが喫煙者だからかなぁ。
確かに子ども達への悪影響ってのはあるのかもしれないけど、「小道具としてのタバコ」がなくなってしまうのは寂しい。

そのうち、タバコも葉巻も酒も女もギャンブルもピストルも登場しないギャング映画が完成するのだろうか。
四次元ポケットがないドラえもんか、っていう。


『天然コケッコー』

ほのぼのとした作品なだけにゆったり鑑賞したかったのだけど、いかんせんおしっこ行きたくなったもんで、ちょっと後半は集中できなかった感があって残念。
いかんせん主演の女子がギザカワユスなので目が離せなくて。

もう少しで膀胱炎になってしまうところだった。
(観た人は笑うとこです。笑ってください)

田舎と都会。
互いに無い物ねだりをしていて。
もっとオシャレな生活がしたい。もっとスローな暮らしがしたい。

でも誰しもが東京でオシャレな生活をできるわけではないし、誰しもが沖縄でロハスな暮らしを営めるわけでもない。

「どこで生きるか」と「どう生きるか」ってのは互いに影響し合う要素だと思う。
どっちの要素を重視するかと問われても答えるのは難しい。

でも、この作品の中で主演の男子が出した答えってのは1つの理想型なんだと思う。
少なくともボクは支持する。

                              nemo

“Thank you for response!”

>社長
ボクも甲子園で観戦してたら隣の女の子にビールおごってましたね、確実に。
>モッティー
満足していただけましたか?
>tomy
とりあえずコンセで声出しさせておけば間違いないですね。
>GO
じゃあ東京ドーム行こうよ!tgcにビールおごらせようよ!
>msk
ボクは9回表だけ広陵を応援してる自分の浮気性にビックリしたよ!
[PR]
by nemo-nemo-nemo | 2007-08-29 17:06 | movie
<< 脱メタボ Monster >>